公式オンラインショップ

商品情報

NOUSAKU
STYLE
能作と
暮らし

素材×デザイン 
デザイナーピックアップ第一弾
小泉 誠(家具デザイナー)

曲がる錫の器
はじまりのデザイン

錫100%製の器が生まれたのは、約20年前。
家具デザイナーの小泉 誠さんとの出会いが
きっかけでした。

〈Tincry〉シリーズ・〈Kuzushi〉シリーズ開発秘話 錫100%製の歴史を語る器と生みのデザイナー

錫100%製品の開拓者である、家具デザイナーの小泉誠さん。
製品の開発当時を振り返りながら、能作との出会いについて和やかな雰囲気で話してくれました。

小泉さんが能作の錫と出会ったのは、今から約20年前のこと。
当時、能作はすでに錫製のぐい呑を試作していました。

「能作さんからデザインの依頼を受けて、錫がやわらかいのが難点だとか、研磨ができなくて困っているというような話を色々と聞きました。最初は、曲がってしまわない錫の器を作るためにどんな金属を混ぜようかという話もしていたんですよ」と当時を振り返ります。

「金属が曲がるということは、ネガティブに捉えると加工がしづらいという面があるんだけど、自分で自由に形が作れておもしろい、と捉えることもできますよね」。その考えから、小泉さんはやわらかいままでも使える器として〈Tincry〉と〈Kuzushi〉の2つのシリーズをデザインしました。
「それまで銅器を作っていた能作が、新たな素材でデビューするにあたり、最初からあえて形を崩すという〈Kuzushi〉シリーズの考えをおもしろいねと言って、試みてくれたことで製品が実現しました。
そういう挑戦心や理解が今の能作につながっていると感じます。僕自身、良い転機に出会えたなと思います」。

Profile

生活にかかわる全てのデザインを手がけ、現在は日本全国のモノづくりの現場を駆け回り、地域との協働を続けている。能作では製品デザインの他、店舗デザインなどにも関わっている。

1985 原兆英、成光に師事
1990 コイズミスタジオ設立
2003 こいずみ道具店設立
2012 毎日デザイン賞受賞

家具デザイナー 小泉 誠
家具デザイナー
小泉 誠
“曲がる”から“おもしろい”
小泉さんデザインの商品はこちら

Back Number

PAGE TOP