公式オンラインショップ

商品情報

NOUSAKU
STYLE
能作と
暮らし

能作の錫で迎える中秋の名月

今年の「十五夜」は9月13日(金)。
一般的には旧暦8月15日の夜にみられる月で、
一年でもっとも美しいとされています。
いつでも月見はできますが、
十五夜(中秋の名月)のお月見は特別ですね。

お月見気分をいっそう盛り上げてくれる、
ぴったりのアイテムをご紹介します。
美しい月を眺めながら、
初秋の風情を楽しみませんか。

しっとり月を愛でながら

お酒を注ぐことで、月の揺らぎを楽しむことのできる錫100%の片口とぐい呑セット。
空の月をめでながら、器に浮かぶ月の揺らぎと両方を
お楽しみいただけます。

洗練されたフォルムがさりげなく食卓に和の空間を演出します。 能作の酒器で風情あるお月見を
ぜひご堪能ください。

季節の移ろいを感じるタンブラー

NAJIMIタンブラー‐ススキ

風にそよぐススキの穂をイメージした錫100%のタンブラー。表面に細かな振動で特殊加工を施し、表情豊かな仕上がりです。

口が広いので水割りやロックなどにもおすすめ。熱伝導率が高いので器自体が良く冷え、時間をかけて氷が溶け出す時の味の変化をお楽しみいただけます。

月光を思わせる美しい輝き

月うつわ

月のフォルムと金箔の輝きが美しい器。うつわの一部に金箔をあしらいテーブルを華やかに演出してくれます。

高岡市にある創業180年の老舗和菓子屋「大野屋」さんとのコラボレーション。和菓子や料理のうつわ、
季節飾りを置く台としてもお使い頂けます。

PAGE TOP