図書室

高岡という土地

 

富山県北西部の市、高岡市。
人口約17万人という富山県第2の都市で、県西部(呉西)の中心都市として知られています。

高岡市; その歴史を見てみると…
1609年に加賀藩主の前田利長が高岡城に入り、「高岡」の町が開かれました。「高岡」の地名は『詩経』の一節「鳳凰鳴矣于彼高岡(鳳凰鳴けり彼の高き岡に)」に由来し、前田利長が築城と開町に際して名づけた瑞祥地名であると言われています。この1609年の開町というのが、私たちが「高岡400年の歴史…」と表現するところであり、近世高岡の文化が始まるところです。

開町当時は、人口5,000人にも満たない町の人口も、城の周囲や南の台地に侍屋敷が配置され 徐々に発展していきました。しかし、その6年後の1615年の一国一城令により、高岡城は廃城。
当時、「城の無い城下町は衰退していく」と言われ 城の無くなった高岡の町もそうなるだろうと見られていましたが、前田利常の「高岡の人々の転出を規制し、商業都市への転換を図る」という政策が功を奏したため、高岡は発展の道を辿り始めます。ここに、高岡の「商工業の町」としての歴史が始まっていきます。

高岡の鋳物の歴史は、開町から2年後の慶長16年、前田利長が 現在の金屋町に7人の鋳物師(いもじ)を招いたことから始まりました。前田利長の政策をうけ、高岡銅器や高岡漆器なども更に発展していきます。高岡銅器の長い歴史の始まりです。
kanayamachi
 
現在でも、伝統産業としては梵鐘や仏具などの銅器製造(高岡銅器)が全国的に有名で、高岡漆器とともに経済産業大臣指定伝統的工芸品にも指定されています。豊富な水を利用した水力発電のために、電力が安いことから、アルミニウム工業も発達していきました。

国宝の瑞龍寺(仏殿、法堂、山門)は、高岡駅から数キロ圏内です。
zuiryuji01
 
日本の三大大仏のひとつである「高岡大仏」
daibutsu01
 
晴れた日には、富山湾越しに3000m級の立山連峰が見えます。
海越しに山という、不思議な絶景の「雨晴(あまはらし)海岸」。
amaharashi01

Return to Top ▲Return to Top ▲