能作の商品は主に鋳造(ちゅうぞう)という技法を用いて作られています。 鋳造とは、溶かした金属を型に流し込み、冷やして目的の形状にする製造方法のことです。金属を流し込む型を鋳型(いがた)、その型から取り出してできた金属製品は鋳物(いもの)と呼びます。能作は、素材特性を最大限に引き出すべく 様々な鋳造方法・加工技術を用いることで、鋳物の可能性を拡げ続けて参ります。 商品を長くお使いいただくために、お手入れ方法とご注意いただきたいポイントをご紹介しています。金属の種類(錫製・真鍮製・青銅製)や仕上げによってもお手入れ方法が異なる場合もありますので、ご不明な点がありましたら弊社までお問い合わせください。

錫製品

  • ご使用後は柔らかいスポンジを用いて、台所用洗剤(中性)で洗ってください。
  • 光沢が鈍くなってきた時は、重曹を用いて磨いてください。
  • 融点が低いため、火気の近くに置かないでください。
  • 電子レンジではご使用になれません。
  • 食器洗浄機や乾燥機はご使用になれません。
  • たわし等でこすらないでください。
  • 低温により錫が変質するおそれがあるため、冷凍庫には入れないでください。また、冷蔵庫での長時間の保管もお控えください。
  • 柔らかい素材のため多少の形の変化をお楽しみいただけますが過度に曲げると亀裂や破損の原因となるためご注意ください。
  • 酸味の強い飲食物を入れたままにすると変色の原因になるため、ご使用後はすぐに洗ってください。
  • 熱伝導率が高いため熱いものを入れた際は器ごと熱くなります。火傷には十分ご注意ください。

「曲がる」製品

  • 一点に過剰な力を加えると亀裂が入ったり切れる可能性がありますので、過度な屈伸はお控えください。
  • 曲がるシリーズは、曲げた際に製品が簡単に破損しないよう 一定の強度を構造上確保しています。しかしながら、日々曲げ伸ばして使用するというようなご使用方法には適していませんので予めご了承ください。

金箔製品

  • 金属磨きや重曹を使用せず、柔らかい布またはスポンジを用いて、台所用洗剤(中性)で洗ってください。
  • 金箔にはコーティングを施しておりますが、剥離する可能性がありますので、変形させたり器の中に液体を長時間いれたままにしないでください。

真鍮製品

  • ご使用後は柔らかい布でふいてください。
  • 着色してある製品は、表面にキズがつきますので、硬いたわしや金属磨きは使用しないでください。

青銅製品

  • ご使用後は柔らかい布でふいてください。
  • 着色してある製品は、表面にキズがつきますので、硬いたわしや金属磨きは使用しないでください。

花器・苔製品

  • 水やりのあとは、器についた水分をきれいに拭き取ってください。緑青の原因となります。
  • 変色の原因になりますので、花の延命剤を使用しないでください。
  • 苔の緑色を保つには、十分に水を与え乾燥させないよう お気をつけください。直射日光、強い紫外線を避けた窓際に置き、光合成できる環境を保ちます。室内では冷暖房などの使用により乾きやすいので霧吹きをし、湿度を保ってください。乾燥が目立つときや数日留守にされる際は、ラップやビニール袋で苔を覆うと保湿されます。但し、その状態で日中高温になるところに置くと 蒸れて腐ってしまう場合がありますので、特に夏季はご注意ください。
  • 本体は柔らかい布を用い、汚れをお取りください。

「灯立」製品

  • ロウがこびりついた場合は、お湯であたためてロウが柔らかくなってから取ると きれいにとりのぞけます。
  • 使用中温度が高くなり非常に熱くなりますので、お取扱いにはご注意ください。使用後は冷めるまでお手を触れぬようお願いします。

風鈴

  • ご使用後のほこりや水滴は柔らかい布で拭きとってください。
  • 金属磨き等でこすらないでください。
  • 紙状の短冊は水に強い和紙を使用していますが、完全な防水ではありませんので ご注意ください。
  • 強風の際は、家の中にお入れすることをお勧めします。
  • 汚れが目立つ際は、台所用洗剤(中性)を使用し、湿ったスポンジ又は布で汚れを拭き取ります。その後、洗剤が残らないように乾いた布で2度拭きします。
Return to Top ▲Return to Top ▲